Home > メンバー紹介 > 教員紹介「山田崇恭」

メンバー紹介 members

教員紹介

助授 山田崇恭 助授 山田崇恭

研究分野

次世代の機器設計技術の開発、先駆的な新産業の創成を目指して、基礎理論を中心とした機械製品の設計製造システムに関する研究を行っています。

現在の研究のテーマ

・トポロジー最適化を用いた設計支援システムの開発
・製造・生産要件を考慮した構造最適化法の開発
・ナノ複合材料の最適構造設計法の開発
・光学迷彩構造・電磁メタマテリアル等の特異な電磁波特性を持つ構造物・材料構造の創成設計法の開発
・局所共振現象を利用したフォトニック・フォノニック材料の創成設計法の開発
・境界要素法・高速多重極展開境界要素法を用いた開領域トポロジー最適化法の開発
・レベルセット法に基づく逆問題解析手法の開発
・格子ボルツマン法,粒子法を用いた非定常流れ場のトポロジー最適化法の開発

経歴

2005年 岐阜工業高等専門学校機械工学科卒業
2007年 京都大学工学部物理工学科卒業
2008年 京都大学大学院工学研究科航空宇宙工学専攻修士課程修了
2009年 日本学術振興会特別研究員DC採用
2010年 京都大学大学院工学研究科航空宇宙工学専攻博士後期課程修了
2010年 名古屋大学大学院工学研究科機械理工学専攻助教就任
2012年 京都大学大学院工学研究科機械理工学専攻助教就任

受賞

2009年4月 若手優秀講演フェロー賞,日本機械学会
2009年5月 論文奨励賞,日本計算工学会
2009年10月 若手優秀講演フェロー賞,日本機械学会
2009年10月 優秀講演表彰,日本機械学会設計工学・システム部門
2010年3月 大学院研究奨励賞,自動車技術会
2010年3月 Best Paper Award, KSME-JSME Joint Symposium 2010 on Computational Mechanics and Computer-Aided Engineering
2010年4月 若手優秀講演賞,日本応用数理学会
2010年4月 日本機械学会賞(論文),日本機械学会
2011年6月 Springer Prize, The International Society for Structural and Multidisciplinary Optimization (ISSMO)
2011年10月 奨励業績表彰,日本機械学会設計工学・システム部門
2012年4月 船井研究奨励賞,船井情報科学振興財団

所属学会

日本機械学会
日本計算工学会
日本応用数理学会
精密工学会
日本計算数理工学会
日本航空宇宙学会
ISSMO

保有資格

危険物取扱者乙種第四類
危険物取扱者乙種第一類

研究詳細はこちら研究成果はこちら 獲得研究資金はこちら
Page Top
Copyright(c)2009 Manufacturing Systems Engineering Laboratory. All Right Reserved.